読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそうおきば

ポエミー

スタートレックビヨンドを観た

面白かったです 迫力すご〜

キャプテンカークはどんな時もかっこいいな……パインカークはちょっと向こう見ずっていうか「俺は危険を嗅ぎ分ける能力がある」とか言っちゃったり(直後罠にかかる)撃ち抜く対象ろくにわかってないのにとりあえず撃っちゃったり ああ〜〜若い……って感じで最高に目を離せないですね

今回はカークもスポックも船を離れたがっているところから始まるんですね カークは船の生活に疲れているのと父親の享年を追い越してしまうことによる情緒不安定(?)から、スポックはTOA世界線におけるスポック(AOSでのスポック大使)の死を受けて彼の後を継ごうと考えたことから

まあ最終的には二人とも船に残ることを選ぶわけで一安心だね〜 スポック大使の持ち物の中にTOSの集合写真あるのはなんだか感動してしまう……スポック大使は言ったら違う世界線の未来のスポックなわけで、彼の本当の世界線ではとっくにカークもマッコイもウフーラも死んでてそれでもスポックの中では忘れられない5年間なんだなあと これまでの2年間の素晴らしさ忘れがたさと残り3年への好奇心期待感使命感をこの瞬間にAOSの世界線のスポックは思い出したのかな あ〜〜〜スポック……

御察しの通り私スポック推しなんですけど今回の映画はスポックの人間みというか地球人みというか生物みみたいなものが描かれてるシーンがほんと多くて大歓喜…… 人間味に溢れていて感情的なマッコイと人間味が薄くて理性的なスポックの凸凹コンビはもはやスタトレにおける名物みたいなものだなって勝手に思ってたんですけど今回はこの二人の信頼関係が見えて沸き立ってしまった……スポックが怪我をして今まで通り二人は軽口を叩きあうんですけどマッコイ心なしか優しいなって……ヨッ!名医!弱ってるスポックほんとなんかちょっとおかしくなってるけどそれにも負けないマッコイ優しいほんと…… 今回の映画でわかったのはいくら冷静なスポックも腹に大怪我負うと止血する時めちゃくちゃ雄叫びあげるし止血された後悪態つくし怪我をおってしばらくたって体力なくなってくると突然ケタケタ笑い出したりするんだってこと え?最高では

スポックが感情みせるの大好きマンなので今回の映画はそういう点においては百点でした だってスポックウフーラにお母さんの形見だってネックレス持たせてそれをGPSとして活用してんの……う、うわ〜〜〜気持ちわる〜〜〜!!!好き〜〜〜!!!ウフーラはほんとにこの男でいいんか!?!?って観てて毎回思うけどしあわせそうな二人みてやっぱお似合いだ〜〜〜〜結婚してくれ〜〜〜〜!!って思うので早いとこスポックにプロポーズしてほしい

もはやスタトレ感想っていうかスポックの感想になってしまった 本筋的には布石がまあまあ効いてて楽しかったです ラジオのとことか 軍人おじさんが脳筋すぎて困っちゃう話だったなあしかも元軍人でサバイバル能力が高いもんだから生き残るわギルドつくるわ人のエナジー吸い込むわ も〜〜オデッセイか?攻撃的なTOKIOじゃん……よくあんな宇宙船やらなんやらつくれたな すごい

そういえば今回はペグおじさんが脚本に参加してるんだっけ……?その成果スコッティの見せ場たくさんあってニコニコしてしまった。あんなに愛しい巻き込まれおじさんなかなかいないな……

 今回の映画にニモイさんがいないの本当に寂しいしこれがアントンの最後の作品になったの悲しい 次もあるかなあ、あってほしいAOSのクルーは仲良しなのが伝わってきて大好きだ……次回作ありますように。